運動が逆効果になることも!?効率よくストレスを解消するコツ

運動が逆効果になることも!?効率よくストレスを解消するコツ post thumbnail image

運動によるストレス解消法で失敗しないために

運動がストレス解消法として優れているのは昔からよく知られています。ただし運動なら何でもよいわけではなく、心地よい疲労感を得られるメニューを選ぶことが大切です。ハードな運動をすれば一時的にストレスを忘れられますが、あくまで一時的な影響でしかありません。翌朝に疲れがどっと出てしまい、仕事に行くのがつらくなるようでは本末転倒です。人間の身体は過度の疲労を覚えると、同時にストレスを生み出す性質があります。そのためハードな運動はなるべく避けて、毎日無理なく続けられるメニューを選びましょう。例えば、週に1回のランニングよりも、週に3回のウォーキングのほうがストレス解消に役立ちます。自分の身体に無理のかかりすぎない方法を選ぶことが大切です。

自宅で運動してストレスを解消する方法

ルームランナーを導入すれば、自宅でいつでもウォーキングを楽しめます。ルームランナーは若干の上り勾配になっているものが多く、普通に外を歩くよりもいい運動になるという人が少なくありません。フィットネスバイクも定番のトレーニングマシンですが、下半身の強化に重きを置いているため、全身をバランスよく動かすにはルームランナーが適しています。自宅でトレーニングマシンを使用する場合、時間は15~30分くらいが適切です。過度の運動は疲労に加えて、体内の活性酸素量を増やすことにつながり、逆にストレスを生むことになります。毎日の運動が厳しいという人は、週に3日、または1日置きなどのペースで地道に続けてください。

心療内科を名古屋で探す方の中には日常生活に支障をきたしている方も多いです。診断はしっかりと行うため回復に向かい、日常を過ごすための手助けをしてくれるところが多いです。

Related Post